IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月10日

第一精工の第3四半期は、事業環境が良好なことから、2ケタ増収大幅増益で黒字転換となる

■事業が好調に推移していることから、期末の配当の上方修正も発表

 コネクタ大手の第一精工<6640>(東1)の第3四半期は、事業環境が良好なことから、2ケタ増収大幅増益で黒字転換となった。

 同社のアンテナ用超小型RF同軸コネクタは、IoT化の進展に伴う無線通信需要の増大が後押しとなり、使用用途が拡大した。また、基板対基板コネクタは、高速伝送時のノイズ対策を施した新開発フルシールドコネクタが引き続き売上を伸ばした。更に、自動車部品事業は、自動車の電装化に伴い、車載用センサやコネクタの需要が拡大していることを受けて好調を維持した。

 その結果、第3四半期連結業績は、売上高382億33百万円(前年同期比13.0%増)、営業利益17億37百万円(前年同期△1億17百万円)、経常利益16億22百万円(同△9億74百万円)、純利益9億73百万円(同△12億60百万円)となった。

 第3四半期が好調であったが、通期連結業績予想については、8月9日に上方修正していることから、前回公表した数値を据え置いている。

 ちなみに、17年12月期通期連結業績予想は、売上高510億円(前期比11.3%増)、営業利益25億円(同523.2%増)、経常利益24億円(同199.7%増)、純利益16億円(同916.8%増)を見込む。

 以上のように、第3四半期業績が順調に推移したこともあり、期末配当を当初の10円予想から20円に上方修正した。年間配当は、第2四半期の5円と合わせ25円を見込む。前期は15円だったので、10円の増配となる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:23 | 決算発表記事情報