IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月12日

ASIAN STARの第3四半期は、不動産賃貸事業が好調に推移したことから、大幅増収増益で黒字転換

■不動産賃貸事業は、所有不動産の増加と中国におけるワンルーム賃貸事業が本格稼働で急拡大

 ASIAN STAR<8946>(JQS)の第3四半期は、不動産賃貸事業が好調に推移したことから、大幅増収増益で黒字転換となった。

 同社は、横浜を地盤として、不動産の販売・監理・賃貸・仲介事業を展開している。また、中国で、サービスアパートメント運営管理事業、ワンルームマンション賃貸事業も行っている。

 セグメント別の業績を見ると、不動産販売事業は、新築戸建ての販売が順調に増加したことから、売上高は4億32百万円(前年同期比89.4%増)、営業利益02百万円(前年同期△01百万円)と大幅増収で黒字転換となった。

 不動産管理事業は、中国のサービスアパートメント管理事業で終了したプロジェクトがあったことにより、売上高3億55百万円(前年同期比13.1%減)、営業利益1億48百万円(同8.3%減)。

 不動産賃貸事業は、所有不動産の増加と中国におけるワンルーム賃貸事業の本格稼働により、売上高3億92百万円(同47.5%増)、営業利益80百万円(同971.7%増)。

 不動産仲介事業は、積極的な営業活動を行ったこと等により、売上高1億57百万円(同8.2%増)、営業利益53百万円(同8.6%増)。

 通期連結業績予想については、その進捗率は低く推移している。第4四半期連結会計期間において更なる不動産販売の売上及び利益を上積みするために鋭意営業活動を継続しているが、その進捗によっては通期の業績が予想数値と大きく異なる可能性がある。第4四半期連結会計期間の業況を慎重に見極めたく、現時点では業績予想を据え置いているが、業績予想を修正する必要があると判断した場合には、速やかに開示するとしている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 決算発表記事情報