IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月12日

シード平和の今6月期第1四半期は大幅増収増益、大型請負工事の施工が順調に進捗

■今6月期も収益拡大基調に

 シード平和<1739>(東JQG)の18年6月期第1四半期非連結業績は、売上高が前年同期比120.8%増の30億62百万円、営業利益が同402.7%増の1億65百万円、経常利益が788.2%増の1億32百万円、四半期純利益が360.8%増の86百万円となり、大幅増収増益だった。前期までに受注した工事進行基準適用の大型請負工事の施工が順調に進捗したことによる。

 総合建設事業の一般建築請負では、大阪市を中心に、大手デベロッパーとの関係の強化を図り、建設請負受注残高は前年同期比で61.5%増加し、105億57百万円となり、過去最高の建築請負受注残高を更新した。マンション事業では、ファミリーマンションについては、大阪市、神戸市、京都市において、前期に完成した自社分譲ファミリーマンションブランド「ラウロ」シリーズの3棟の内13戸を個人顧客へ引渡した。売上高21億14百万円(同151.4%増)、営業利益1億50百万円(同574.1%増)となった。
 
 不動産事業は、総合建設事業へ経営資源を重点的に投下したため、不動産販売の仲介等を行ったのみで、売上高3百万円(同915.0%増)、営業利益2百万円(同889.5%増)となった。
 
 不動産賃貸管理事業は、入居者誘致のため、一部所有物件の修繕を行ったことなどにより営業利益率は低下し、売上高1億51百万円(同0.6%増)、営業利益(同13.1%減)となった。
 
 戸建分譲事業では、関西地区において個人顧客及び販売協力会社の間で認知度が向上し、売上高7億93百万円(同100.8%増)、営業利益53百万円(同28.0%増)となった。

 2018年6月期業績予想は、売上高205億円(前期比41.4%増)、営業利益13億75百万円(同20.9%増)、経常利益12億50百万円(同20.6%増)、純利益8億15百万円(同13.2%増)としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 決算発表記事情報