IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月12日

テモナの17年9月期は大幅増収増益、営業利益が2.1倍増で着地

■今9月期も収益拡大基調に

 テモナ<3985>(東マ)の17年9月期業績(非連結)は、売上高が10億93百万円(前期比39.0%増)、営業利益が2億64百万円(同2.1倍)、経常利益が2億59百万円(同2.1倍)、純利益が1億65百万円(同90.1%増)だった。

 同社は、リピート通販に特化したEC支援企業である。リピート通販市場でのストック型のビジネスモデルの普及や、リピート通販のEC支援分野での更なる地位確立を目指し、同社の「たまごリピート」と「ヒキアゲール」という2つのサービスにより、WEB上での「定期販売」と「接客」をサポートしている。

 「たまごリピート」の販売面では、新販売代理店制度を開始し、パートナー企業との協力体制を強化することで販売網の拡大を行うとともに「ヒキアゲール」の営業活動を「たまごリピート」のクライアントへのクロスセル等限定的な活動に留め、「たまごリピート」の営業領域拡大に対応するための体制構築を進めている。

 また、食品を扱うEC事業者を対象に「たまごサブスクリプション」のブランドを用いてサブスクリプションビジネスの啓蒙活動を行い、健康食品、化粧品といった日用品から食品領域へとターゲット市場の拡大に努めている。

 サービス面ではサポート体制の強化を推進し、これまでの電話サポートや勉強会に加えて既存顧客の成長を支援することを目的としたコンサルティング活動を開始している。

 システム面でも操作性の向上と、大規模かつ様々な運用を行うEC事業者の需要に応えるため、新サービスの開発に注力している。

 18年9月期業績は、前回予想(9月14日上方修正)を据置き、売上高は前期比10.1%増の12億3百万円、営業利益は同2.5%増の2億71百万円、経常利益は同11.7%増の2億90百万円、純利益は同31.5%増の2億17百万円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 決算発表記事情報