株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年11月21日

「量子コンピューター」関連銘柄が上げYKTは2日連続ストップ高

■NTTや国立情報学研究所などが「量子ニューラルネットワーク」を公開

 YKT<2693>(JQS)は21日、買い気配のままストップ高の484円(80円高)に達し、2日連続ストップ高。10時を過ぎて、まだ売買が成立していない。「量子コンピューター」関連銘柄と位置づけられ、NTT(日本電信電話)<9432>(東1)と情報・システム研究機構・国立情報学研究所、東京大学生産技術研究所、科学技術振興機構が20日付で「光の量子的な性質を用いた新しい計算機『量子ニューラルネットワーク(QNN)』をクラウド上で体験できるシステムを開発し、2017年11月27日より公開する」と発表。連想買いが殺到した。

 NTTは10時10分にかけて5826円(60円高)前後で推移。「量子コンピューター」関連銘柄としては、フィックスターズ<3687>(東1)が20日のストップ高に続いて朝方に5470円(320円高)まで大幅続伸し、エヌエフ回路設計ブロック<6864>(JQS)も20日のストップ高に続き16%高の2486円(347円高)まで上げている。三菱電機(6503)、NEC(6701)、富士通(6702)、ブレインパッド(3655)、ユビキタス(3858)、日本ラッド(4736)なども関連銘柄として注目されている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 話題株