株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月06日

ヘリオスが逆行高、「iPS細胞からミニ肝臓を大量製造」が注目される

■横浜市立大学との共同研究成果が科学誌に掲載されたと発表

 創薬ベンチャーのヘリオス<4593>(東マ)は6日、1574円(82円高)まで上げて戻り高値に進み、後場も14時を過ぎて1500円台で推移。東証マザーズ指数などが下げに転じた中で逆行高となっている。同日付で「横浜市立大学によるヒトiPS細胞からのミニ肝臓の大量製造に関する論文発表について」を発表し注目が集まった。

 同社は、横浜市立大学・学術院医学群の臓器再生医学、谷口英樹教授、武部貴則准教授らと共同研究を進めており、このほど、iPS細胞からヒトのミニ肝臓を超大量製造する手法に関する研究成果が、科学誌CellReportsに掲載された。

 午後の株式市場では、円高進行などを受けてTOPIX(東証株価指数)や日経平均などが一段安。東証マザーズ指数も軟調に転換している。こうした局面ではバイオ材料株が動意を強めるケースが少なくないため、推移が注目されている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:32 | 株式投資ニュース