株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月14日

Hameeの第2四半期は売上総利益率が2.9ポイント改善

■コマース事業のセグメント利益が7億66百万円(前年同期比46.4%増)と大幅増益

 Hamee<3134>(東1)の今期18年4月期第2四半期は、売上総利益率が2.9ポイント改善したこともあり、2ケタ増収大幅増益となった。

 同社は、スマホ・タブレット向けのアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、EC自動化プラットフォーム「ネクストエンジン」によるクラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。また17年9月にはクマ型メッセージロボット「HAMIC Bear(はみっく ベア)を発表した。IoT分野に進出し、プラットフォーム事業との新たな相乗効果を創出する方針。

 大幅増益となった要因の一つとしては、コマース事業のセグメント利益が7億66百万円(前年同期比46.4%増)と大幅増益となったことが挙げられる。
 また、もう一方のプラットフォーム事業のセグメント利益は2億06百万円(同10.5%増)であった。

 その結果、第2四半期連結業績は、売上高42億10百万円(同17.6%増)、営業利益5億50百万円(同42.0%増)、経常利益4億70百万円(同32.1%増)、純利益3億10百万円(同30.7%増)であった。

 第2四半期業績は概ね当初予想通りであったことから、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今通期連結業績予想は、売上高93億20百万円(前期比9.6%増)、営業利益11億61百万円(同5.0%増)、経常利益11億57百万円(同10.4%増)、純利益7億55百万円(同8.5%増)と最高益更新を見込む。

 進捗率を前年同期と比較すると、売上高45.17%(前年同期42.12%)、営業利益47.37%(同34.99%)、経常利益40.62%(同33.97%)、純利益41.06%(同34.1%)となっていることから、上振れも期待出来そうである。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | 決算発表記事情報