株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月20日

【話題】J.フロントリテイリングが高値更新、上野動物園の子パンダ「シャンシャン」人気も思惑呼ぶ

■11月開業の「上野フロンティアタワー」にシャンシャン観覧客が流れる期待

 大丸・松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)は20日の後場、2022円(43円高)で始まり、小幅高だが3日ぶりに昨年来の高値を更新している。このところの月次動向が好調な上、東京・上野の松坂屋上野店・南館の跡地に11月4日開業した新複合商業施設「上野フロンティアタワー」が、上野動物園の子パンダ「シャンシャン」の人気の波及効果を受けると予想し期待する様子もある。

 「上野フロンティアタワー」は2017年11月4日開業し、1階から6階はパルコ<8251>(東1)の「パルコ」が入り、全68テナントから構成する「PARCO_ya」を新展開。68店のうち52店は上野・御徒町エリアに初登場の店舗になるという。7階から10階は東宝<9602>(東1)の「TOHOシネマズ」になり、高層部の12階から22階はオフィスタワーになっている。

 このタワーが同社全体の連結業績に与える寄与度は大きくないが、投資家心理として同社株のイメージに占める割合は小さくないようだ。

 一方、「シャンシャン」の観覧(一般公開)は12月19日に始まり、テレビなどで連日話題になっている。観覧は、18年1月末までは負担などを考慮して1日400組に限ると伝えられているが、20日は「慣れてくれば観覧時間の延長も」(NHKニュースWeb12月20日より)と伝えられた。

 市場関係者の中には、「シャンシャンを見物したあとの行動パターンとして、買い物はもちろん、ちょっとお昼でもという場合、精養軒や東天紅では値段が張るので、上野駅に近い丸井や松坂屋の周辺に客足が流れることは十分に考えられる」「せっかく上野に来たのだからアメ横を見て行こうという場合もこの流れになる」(市場関係者)との予想がある。丸井グループ<8252>(東1)も底堅い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 話題