IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月21日

【業績でみる株価】ジェネレーションパスは18年10月期大幅増収増益予想で自己株式取得

 ジェネレーションパス<3195>(東マ)は、家具・家庭用品・衣料品等のネット通販サイト「リコメン堂」を主力としている。17年10月期大幅減益だったが、18年10月期は特殊要因一巡も寄与して大幅増収増益予想である。自己株式取得も発表している。株価は安値圏モミ合いだが、大きく下押す動きも見られず下値固め完了感を強めている。

■ネット通販「リコメン堂」が主力

 家具・家庭用品・衣料品等のネット通販サイト「リコメン堂」を運営し、他社のECに関するサポート、商品企画・開発・販売なども展開している。主力のECマーケティング事業では、独自プラットフォームEPO、独自オペレーションシステムGPMS、ビッグデータ収集・分析システムMISを特徴としている。

■18年10月期大幅増収増益予想

 17年10月期連結業績は、売上高が16年10月期比17.4%増の76億32百万円、営業利益が78.9%減の17百万円、経常利益が36.6%減の42百万円、純利益が5百万円の赤字(16年10月期は45百万円の黒字)だった。

 国内ECマーケティング事業が堅調に推移して大幅増収だったが、新規事業である中国EC事業の計画変更に伴う売上高の計画未達と在庫評価減の計上、ECマーケティング事業における配送総量規制実施に伴う売上抑制、商品企画関連事業における納期後ズレ、事業投資していたWEFT社に係る投資有価証券評価損の計上などで、売上高、利益とも計画を下回った。

 国内ECの出店数は合計52店舗となった。海外ECは中国「KJT.com」の集客が低迷しているため在庫評価減を計上した。また越境ECサイトとしてスタートした「洋桃派」がクローズされたことに伴って、資本参加予定だった中国MNC社への出資を中止した。

 18年10月期連結業績予想は、売上高が17年10月期比31.0%増の100億74百万円で、営業利益が9.5倍の1億50百万円、経常利益が4.5倍の1億50百万円、純利益が80百万円(17年10月期は5百万円の赤字)としている。

 国内ECマーケティング事業が堅調に推移し、17年10月期の特殊要因の影響一巡も寄与して大幅増収増益予想である。月次売上高(グループ単純合算値、速報)によると17年11月は前年比25.0%と好調だった。収益改善を期待したい。

 なお12月15日に自己株式取得を発表した。取得株式総数の上限16.2万株、取得価額総額の上限1億円、取得期間17年12月18日〜18年3月18日としている。

■株価は下値固め完了感

 株価は安値圏600円近辺でモミ合う展開だが、大きく下押す動きも見られず下値固め完了感を強めている。12月20日の終値は583円、今期予想連結PERは約60倍、時価総額は約48億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線が抵抗線の形だが、600円近辺が下値支持線だろう。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:46 | 業績でみる株価