株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月27日

ピックルスコーポレーションの第3四半期は原料価格の安定もあり、増収大幅増益

■キムチ製品の売上が好調

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)の第3四半期は、原料価格の安定もあり、増収大幅増益となった。

 売上高に関しては、キムチ製品が好調であったことから、増収となった。利益面については、第1四半期は原料高騰の影響があったが、第2四半期以降は、原料が比較的安定した価格で調達できたことから、増益となった。

 今期18年2月期第3四半期連結業績は、売上高281億36百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益10億96百万円(同65.0%増)、経常利益11億74百万円(同61.5%増)、純利益7億76百万円(同59.9%増)となった。

 第3四半期が増収大幅増益と順調であることから、今通期業績予想は、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今期通期連結業績予想は、売上高378億60百万円(前期比5.8%増)、営業利益13億93百万円(同78.6%増)、経常利益14億90百万円(同71.8%増)、純利益9億69百万円(同76.7%増)と大幅増益で最高益更新を見込む。

 26日の引け値は、1917円であった。同業他社とPERを比較すると、デリカフーズHD<3392>は22.02倍、ケンコーマヨネーズ<2915>は24.23倍、大森屋<2917>は26.88倍であるのに、同社は11.56倍である。佐賀工場を新設し、九州地区でも今後、売上拡大が見込まれ、最高益更新ペースで推移している企業の株価としては、物足りなさがある。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:57 | 決算発表記事情報