IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月27日

【どう見るこの株】世界市場に食材・食品を供給する西本Wismettacホールディングスは急反発

■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階

 西本Wismettacホールディングス<9260>(東1)は、世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。17年12月期の営業利益と経常利益は販管費の増加や為替差損の影響で減益予想としている。株価は急反発して落ち着きどころを探る段階。

 株価は12月13日安値3905円から急反発し、本日12月27日は、4715円まで上伸し10月17日高値4665円を更新している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。時価総額は約674億円である。

■世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業

 17年9月東証1部に新規上場した。世界市場に食材・食品を供給するグローバル企業である。日本食をはじめとしたアジア食品・食材を北米中心に海外で販売するアジア食グローバル事業、青果物全般の国内販売・輸出・三国間貿易および水産品の国内販売を行う農水産商社事業を展開している。

 アジア食グローバル事業では、世界的な日本食ブームを背景とした市場拡大に歩調を合わせて、海外拠点網構築を推進している。農水産商社事業では、主力販路の卸売市場に加えて、量販店や外食・中食産業への販売を強化している。

■17年12月期増収増益予想

 17年12月期の連結業績予想(9月29日公表)は、売上高が16年12月期比7.0%増の1694億34百万円、営業利益が6.7%減の68億35百万円、経常利益が8.9%減の63億06百万円、純利益が17.6%増の33億49百万円としている。営業利益と経常利益は販管費の増加や為替差損の影響で減益予想だ。想定為替換算レートは1米ドル=100円である。配当予想は未定としている。

 第3四半期累計は売上高が1289億95百万円、営業利益が48億20百万円、経常利益が44億68百万円、純利益が23億59百万円だった。

 アジア食グローバル事業は売上高が945億53百万円で営業利益が44億49百万円だった。主力の北米は現地通貨ベースで増収と順調だが、物流部門強化に伴って販管費が増加した。農水産商社事業は売上高が393億01百万円で営業利益が3億41百万円だった。売上は順調だが、前期第4四半期からシトラスおよびトロピカル商材の原価高騰が続いている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は、売上高が76.1%、営業利益が70.5%、経常利益が70.9%、純利益が70.4%だった。概ね順調な水準だろう。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:52 | どう見るこの株