株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月28日

【株式市場】機関投資家はお休みとされ日経平均は小高いが材料株などを個別物色

◆日経平均の前引けは2万2945円67銭(34円46銭高)、TOPIXは1829.99ポイント(0.20ポイント高)、出来高概算(東証1部)は少なく4億2791万株

チャート5 28日(木)前場の東京株式市場は、NYダウ、NASDAQ総合指数などが3日ぶりに反発したことなどが好感された一方、機関投資家はほとんどお休み入りとの見方があり、個別物色の展開になった。銅の国際市況高を受けて住友金属鉱山<5713>(東1)は2008年以来の高値。しかし、日経平均は11時頃まで前日終値の水準をはさんで一進一退を繰り返し、前引けにかけて43円24銭高(2万2954円45銭)まで強含んで前引けは34円46銭高(2万2945円67銭)となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高いが、マザーズ指数は軟調。

 原油や銅の国際市況高を受けて伊藤忠商事<8001>(東1)などの総合商社が強く、メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は戦略製品「CADA・BOX(カーダボックス)」の導入病院拡大などが好感されて出直り拡大。日本スキー場開発<6040>(東マ)は列島各地での大雪や12月20日まで実施した自社株買いの効果などが言われて高値を更新。

 東証1部の出来高概算は少なく4億2791万株、売買代金は7209億円。1部上場2063銘柄のうち、値上がり銘柄数は1032銘柄、値下がり銘柄数は921銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット