IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年12月30日

【新規上場(IPO)銘柄】すららネットは発達障がいなどの学習支援に期待感、押し目買い優位に上値を試すか注目

 すららネット<3998>(東マ)は、12月18日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「教育格差の根絶」こそがすららネットの使命と掲げ、e−ラーニングによる教育サービス「すらら」の提供および運用コンサルティング、マーケティングプロモーション、ホームページを運営。「すらら」は、小学校低学年から高校生の子どもたちが国語・数学・英語の3教科を、インターネットを通じてコンピューターで学ぶことができる「対話型アニメーション教材」によって子どもたち個々の学力に応じた学習を可能にしている。

 同社の主要顧客である学習塾や学校法人に加え、個人学習者や海外の利用者に対するオンライン学習教材の「すらら」サービス及び各種経営支援サービスの提供により市場開拓を推進するとともに、社内開発スタッフの技術向上、最先端の技術動向の調査、ビッグデータを活かした商品開発等を通じた商品力の強化を推進している。

 2017年12月期第3四半期業績実績は、売上高5億3100万円、営業利益9300万円、経常利益9200万円、純利益6300万円に着地。

 17年12月期業績予想は、売上高7億1700万円(前期比22.5%増)、営業利益1億0300万円(同26.9%増)、経常利益8600万円(同5.2%増)、純利益5700万円(同6.9%増)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。

 株価は、上場2日目の12月19日に公開価格2040円の2.13倍相当の4345円で初値をつけ、同日高値4400円と買い進まれた後、同21日安値3205円まで売られたが、3400円割れを下値にモミ合っている。中長期の成長に向けた新たなチャレンジとして、放課後等デイサービスや院内学級での活用など、発達障がい・学習障がいのある子どもの学習支援にも取り組んでいるほか、日本以上に教育の機会格差が広がる海外で展開に対する期待感が高まっており、押し目買い優位に上値を試すか注目したい。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:00 | 新規上場(IPO)銘柄