IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月05日

【株式市場】「持たざるリスク」など言われ日経平均は2日連続26年ぶりの高値を更新

◆日経平均の終値は2万3714円53銭(208円20銭高)、TOPIXは1880.34ポイント(16.52ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億8114万株

チャート11 5日後場の東京株式市場は、朝鮮半島での南北対話再開が9日にも実施との報道もあり、一段高に発展する場合の「持たざるリスク」や「アップサイドリスク」が意識され、ソニー<6758>(東1)野村ホールディングス<8604>(東1)などが一段ジリ高となった。
日経平均も13時半頃には前場の高値を上回りながらジリ高基調を続け、14時過ぎに224円14銭高(2万3730円47銭)まで上昇。大引けも強く、1992年以来の高値を2日続けて更新した。前引けは軟調だった東証マザーズ指数も上げに転じ、東証2部指数、日経JASDAQ平均も高い。

 後場は、非鉄・原油市況高などを受けて鉄鋼株や海運株などが朝方に上げたまま値を保ち、三井金属<5706>(東1)などは一段ジリ高。ブライトパス・バイオ<4594>(東マ)は14時頃から急伸してストップ高。11月上場のポエック<9264>(JQS)は11月締めの第1四半期が好調との見方があり一段高の急伸。

 東証1部の出来高概算は16億8114万株(前引けは8億7356万株)、売買代金は3兆140億円(同1兆4770億円)。1部上場2063銘柄のうち、値上がり銘柄数は1302(同1121)銘柄、値下がり銘柄数は655(同819)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は27業種(前引けは25業種)となり、値上がり率上位の業種は、鉄鋼、非鉄金属、証券・商品先物、海運、電力・ガス、銀行、精密機器、輸送用機器、電気機器、不動産、機械、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット