IRセミナー
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月09日

【どう見るこの相場】景気拡大期待で堅調だが、年初急伸の反動も警戒

どう見るこの相場

 今週1月9日〜12日の株式市場は、世界的な景気拡大期待や地政学リスク後退で堅調な展開が想定される。ただし年初に急伸した反動でスピード調整にも警戒が必要だろう。企業の10〜12月期決算発表本格化を控えて材料難となる可能性もありそうだ。

■日経平均株価は年初急伸の反動に警戒必要

 前週(1月4日〜5日)の日経平均株価は好調なスタートとなった。17年11月の2万3382円を一気に突破し、2営業日合計で949円59銭(4.17%)上昇した。米国株高を好感した。

 今週(1月9日〜12日)も基本的には世界的な景気拡大期待で堅調な展開が想定される。北朝鮮やイランを巡る地政学リスクへの警戒感が後退していることや、為替が1ドル=113円近辺で安定推移していることも追い風だ。

 ただし年初に急伸した反動でスピード調整にも警戒が必要だろう。米税制改革法案が成立したことで米国株には好材料出尽くし感が意識されやすい。さらに企業の10〜12月期決算発表の本格化を控えている。やや材料難となって様子見ムードを強める可能性もありそうだ。

■出遅れ感の強いセクター・銘柄に注目

 物色面では引き続き、新興市場中心に値動きの良い中小型株やテーマ株が物色されそうだ。また全体として様子見ムードを強めた場合には、出遅れ感の強いセクターや銘柄に対して水準訂正の動きが強まる可能性があり、注目しておきたい。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:44 | どう見るこの相場