IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月11日

【業績でみる株価】Hameeは上場来高値に接近、18年4月期増収増益・増配予想

 Hamee<3134>(東1)は、スマホ・タブレット向けアクセサリーを販売するコマース事業を主力として、クラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。18年4月期増収増益・増配予想である。株価は17年9月の上場来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■コマース事業主力にプラットフォーム事業も展開

 スマホ・タブレット向けのクセサリーを販売するコマース事業を主力として、EC自動化プラットフォーム「ネクストエンジン」によるクラウド型EC事業者支援のプラットフォーム事業も展開している。

 収益面では、スマホ新機種発表やクリスマス需要などの影響で、第1四半期の構成比が小さく、第3四半期の構成比が高くなる季節特性がある。

 17年9月にはクマ型メッセージロボット「HAMIC Bear(はみっく ベア)を発表した。IoT分野に進出し、プラットフォーム事業との新たな相乗効果を創出する方針だ。

 さらに17年11月には、スマートフォン関連プロダクトを製造するスタートアップ・ベンチャー企業の販売・生産のサポートを目的としたプロダクト・インキュベーション・プロジェクト「IGNICTION」を開始した。第一弾プロジェクトとしてキーホルダー型IOT見守りタグ「bibile(ビブル)」の販売を開始した。

■18年4月期増収増益・増配予想

 18年4月期連結業績予想は、売上高が17年4月期比9.6%増の93億20百万円、営業利益が5.0%増の11億61百万円、経常利益が10.4%増の11億57百万円、純利益が8.5%増の7億55百万円としている。コマース事業、プラットフォーム事業とも伸長して先行投資負担を吸収する。最高益更新予想である。配当予想は50銭増配の年間5円(期末一括)としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比17.6%増の42億10百万円、営業利益が42.0%増の5億50百万円、経常利益が32.1%増の4億70百万円、純利益が30.7%増の3億10百万円だった。

 主力のコマース事業が15.8%増収(小売が19.1%増収、卸売が13.6%増収)、そしてプラットフォーム事業が27.3%増収と、いずれも大幅伸長した。ネクストエンジン契約数5000社に向けたプラットフォーム事業の先行投資をコマース事業が吸収して大幅増益だった。

 主力のコマース事業では引き続き「iFace」シリーズが好調に推移した。プラットフォーム事業の総契約社数(OEM除く)は、17年4月期末比254社増加の2896社、利用店舗数は1625店舗増の2万1893店舗となった。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が45.2%、営業利益が47.4%、経常利益が40.6%、純利益が41.1%である。季節要因を考慮すれば順調であり、通期ベースでも好業績が期待される。

■株価は17年9月の上場来高値に接近

 株価は戻り歩調で1月10日には1992円まで上伸した。そして17年9月の上場来高値2135円に接近している。1月10日の終値は1987円、今期予想連結PERは約42倍、時価総額は約317億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線と26週移動平均線を回復して先高感を強めている。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | 業績でみる株価