IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月13日

ほぼ日の今8月期第1四半期は増収増益、「ほぼ日手帳」の販売やイベントが好調

■Amazon.comやWeChat上にそれぞれオフィシャルショップを開設

 著名コピーライターの糸井重里氏が社長のほぼ日<3560>(JQS)は12日、2018年8月期第1四半期業績(非連結)を発表した。

 売上高は20億77百万円(前年同期比23.8%増)だった。主力商品の『ほぼ日手帳』は、10月に発売したTHE BEATLESとコラボレートしたカバーがヒット、11月には新判型『ほぼ日手帳weeks MEGA』も投入し、それぞれ売上に寄与した。また、米国のAmazon.com及び中国のWeChat上にそれぞれオフィシャルショップを開設するなど、海外ユーザーの拡大に努め、販売部数は伸長した。また、販売イベント第2回「生活のたのしみ展」を開催。靴、アパレル、生活雑貨などの商品を実店舗展開し、5日間で取引件数は約31,600件となり、売上に貢献した。

 利益面は、販売費及び一般管理費では、売上増に伴い、発送費が前年同期に比べ増加した。さらに、中長期の成長に向けて人材採用及び外部人材への業務委託を積極化したこと、「生活のたのしみ展」の開催費用の発生、新規株式上場に伴い、資本金が増加し外形標準課税対象となったことで租税公課が前年同期比で増加したこと等により販売費及び一般管理費がかさみ、営業利益は5億61百万円(同3.6%増)、経常利益は5億63百万円(同4.0%増)、四半期純利益は3億86百万円(同9.4%増)だった。

 18年8月期業績予想は、売上高は前期比16.4%増の46億74百万円、営業利益は同0.5%増の5億3百万円、経常利益は同4.8%増の5億5百万円、純利益は同2.4%減の3億32百万円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 決算発表記事情報