株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月14日

イワキの17年11月期連結業績は、当初予想を上回る増収大幅増益で着地

■化学品事業は2ケタ増収大幅増益で黒字転換

 イワキ<8095>(東1)の17年11月期連結業績は、当初予想を上回る増収大幅増益で着地した。

 売上高は3億87百万円、営業利益は71百万円、経常利益は1億28百万円、純利益は3億41百万円前回予想を上回って着地した。
 売上高、営業利益、経常利益については、前回公表以上に順調に推移したことと、最終利益が大幅に前回予想を上回ったのは、当初予想していた特別損失が減少したことに加え、税効果会計に係る繰延税金資産を計上したことによる。

 その結果、17年11月期連結業績予想は、売上高573億87百万円(16年11月期比4.1%増)、営業利益15億71百万円(同60.8%増)、経常利益17億78百万円(同66.0%増)、純利益12億41百万円(16年11月期08百万円)と2ケタ増収大幅増益となった。

 事業別の業績は、医薬・FC事業は、売上高は215億19百万円(T6年11月期比0.9%増)、営業利益14億25百万円(同10.3%増)。

 HBC事業は、売上高235億91百万円(同5.9%増)、営業利益1億04百万円(同40.2% 増)と増収大幅増益。

 化学品事業は、売上高62億83百万円(同17.9%増)、営業利益28百万円(16年11月期△4億34百万円)と2ケタ増収大幅増益で黒字転換となった。

 食品事業は、売上高39億67百万円(16年11月期比5.0%増)、営業利益△22百万円(16年11月期△05百万円)と増収ながら赤字幅拡大。

 その他は、売上高20億26百万円(16年11月期比15.6%減)、営業利益34百万円(同31.1%減)であった。

 なお、今期18年11月期通期連結業績は、売上高590億円(前期比2.8%増)、営業利益14億円(同10.9%減)、経常利益14億50百万円(同18.5%減)、純利益9億50百万円(同23.5%減)と増収ながら減益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 決算発表記事情報