IRセミナー
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月19日

【新規上場(IPO)銘柄】技研ホールディングスは水関連工事に受注期待、割安感あり下押し買い妙味

 技研ホールディングス<1443>(東2)は、1月9日、単独株式移転の方法により、技研興業株式会社の完全親会社として設立され、東京証券取引所市場第二部に上場した。グループ会社等の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務等を行っている。グループ会社は、消波根固ブロックの製造・販売、地滑対策工事、放射線等遮蔽内装工事を行っている、技研興業株式会社。円形鋼製型枠の賃貸、異作型枠の製作・ 販売、建設資材の賃貸・ 販売を行っている、日動技研株式会社の2社。

 技研興業株式会社では、水関連工事に偉力を誇る消波、根固ブロックの「製品事業」のほか、斜面・のり面安定工法を提案する「土木事業」、電磁波関連、放射線等遮蔽ボード等の特殊建築工事を行う「テクノシールド事業」、高品質住宅の「ハウジング事業」を行っている。日動技研株式会社では、鋼製型枠や異形型枠、円形鋼製型枠、円形型枠端太材、昇降設備、土留用等を手掛け土木現場をサポートしている。

 今18年3月期業績予想は、売上高120億円、 営業利益6億円、経常利益5億7000万円、純利益3億9000万円を見込む。年間配当予想は、期末一括1円を予定している。

 株価は、上場日の1月9日に352円で寄付いた後、同11日高値337円と上昇。18日安値305円と下げてモミ合っている。2018年度予算案では、政府は災害復旧に向けた公共事業費の総額について、17年度当初予算の1%にあたる9億1000万円を増額、激甚な水害・土砂災害が起きた地域の防災対策は急務となっており、水関連工事の受注が増加する見通し。今期予想PER12倍台・PBR0.72倍と割安感があり、中長期的な視点で下押す場面は買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:38 | 新規上場(IPO)銘柄