IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年01月23日

【注目銘柄】NO.1はオフィスコンサルタント事業などを展開、収益拡大に期待感

 NO.1<3562>(JQ)はオフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開している。株価は18年2月期第3四半期累計の大幅減益を嫌気して急反落したが、17年9月安値まで下押すことなく売り一巡感を強めている。18年2月期通期予想は下振れに注意必要だが、19年2月期の収益拡大に期待したい。

■オフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開

 17年3月JASDAQに新規上場した。オフィスコンサルタント事業とシステムサポート事業を展開している。オフィスコンサルタント事業は中小企業および個人事業主向けに、OA関連商品、自社企画の情報セキュリティ商品を販売している。システムサポート事業は機器の保守・メンテナンスを行っている。

 中期経営計画では20年2月期売上高81億円、営業利益4億円、純利益2億59百万円、ROE12.8%を目標値に掲げている。

■18年2月期は下振れに注意必要だが、19年2月期の収益拡大期待

 18年2月期連結業績予想は、売上高が17年2月期比5.4%増の74億37百万円、営業利益が8.8%増の3億30百万円、経常利益が7.2%増の3億11百万円、純利益が6.7%増の2億03百万円としている。

 第3四半期累計は、売上高が5.9%増の55億94百万円と順調だったが、利益面では、オフィスコンサルタント事業において経営支援サービスの一つであるWeb販売が伸び悩んだことを主因に、営業利益が41.1%減の1億15百万円、経常利益が43.3%減の1億05百万円、純利益が43.2%減の65百万円だった。

 18年2月期通期予想は下振れに注意が必要だが、19年2月期の収益拡大に期待したい。

■株価は売り一巡感

 株価は18年2月期第3四半期累計の大幅減益を嫌気し、戻り高値圏2600円近辺から2100円近辺まで急反落した。しかし17年9月安値1930円まで下押すことなく売り一巡感を強めている。1月22日の終値は2169円、今期予想連結PERは約15倍、時価総額は約34億円である。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:10 | 注目銘柄