IRセミナー
2月19日(月)=Eストアー、サンウッド
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月01日

【株式市場】このところの円高が一服し日経平均は一時332円高まで上げて大幅反発

◆日経平均の前引けは2万3393円57銭(295円28銭高)、TOPIXは1862.23ポイント(25.52ポイント高)、出来高概算(東証1部)は9億3578万株

チャート4 2月1日(木)前場の東京株式市場は、このところの円高が米FOMC声明を受けて一服し、NYダウも反発したことなどがあり、トヨタ自動車<7203>(東1)などが反発して始まった。円安に加え、本日決算発表予定の新日鐵住金<5401>(東1)なども上げ、日経平均は11時過ぎに332円79銭高(2万3431円08銭)まで上げ、前引けも295円28銭高(2万3393円57銭)となり、昨日までの6日続落から反発した。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 富士フイルムHD<4901>(東1)が米ゼロックス社の株式50.1%取得などを好感して活況高となり、東邦チタニウム<5727>(東1)は業績見通しの増額などにより急伸。平和紙業<9929>(東2)は「ニンテンドースイッチ」の楽しみ方を拡張する段ボール製キット「ニンテンドーラボ」を巡る思惑が言われてストップ高買い気配。アドバンスト・メディア<3773>(東マ)は音声認識ソリューションなどによる好業績への期待が言われて急伸。テクノホライゾン・ホールディングス<6629>(JQS)は業績見通し増額などが好感されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は、売買代金は1兆7645億円。1部上場2063銘柄のうち、値上がり銘柄数は1732銘柄、値下がり銘柄数は285銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 今日のマーケット