IRセミナー
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月05日

【業績でみる株価】ケイティケイは調整一巡感、17年8月期1Q進捗率高水準で通期予想は増額の可能性

 ケイティケイ<3035>(JQ)に注目したい。トナーカートリッジの再生販売を主力として、OA用品・文具のネット通販も展開している。18年8月期は営業利益横ばい予想だが、第1四半期の進捗率が高水準であり、通期予想は増額の可能性がありそうだ。株価は調整一巡感を強めている。

■トナーカートリッジの再生販売が主力

 トナーカートリッジの再生販売を主力として、OA用品・文具のネット通販も展開している。

■18年8月期1Q進捗率高水準で通期予想は増額の可能性

 18年8月期連結業績予想は売上高が17年8月期比1・8%減の165億52百万円、営業利益が横ばいの2億11百万円、経常利益が3.4%減2億43百万円、純利益が37.9%減の1億36百万円としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比2.1%増の39億98百万円で、営業利益が70.6%増の79百万円、経常利益が48.7%増の94百万円、そして純利益が37.2%増の68百万円だった。

 子会社の青雲クラウンにおいて前期に契約の予期せぬ終了があったが、営業効率の向上、製造コストと調達コストの低減、経費の削減などで大幅増益だった。

 第1四半期の利益は第2四半期累計予想を超過達成し、通期予想に対する進捗率も売上高24.2%、営業利益37.4%、経常利益38.7%、純利益50.0%と高水準である。子会社の青雲クラウンの業績に下期偏重の特性があることも考慮すれば、通期予想に増額の可能性がありそうだ。

■株価は調整一巡感

 株価は急伸した17年12月の昨年来高値514円から一旦反落したが、420円〜450円近辺で推移して調整一巡感を強めている。2月2日の終値は428円、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約25億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインとなって水準を切り上げている。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | 業績でみる株価