株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月05日

【株式市場】NY株急落など受け東証1部銘柄の96%が安くなり日経平均は一時603円安

◆日経平均の前引けは2万2709円02銭(565円51銭安)、TOPIXは1824.07ポイント(40.13ポイント安)、出来高概算(東証1部)はやや増加し10億98万株

チャート12 5日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNY株式が雇用統計の発表を受けた金利上昇などによりダウ30種の665ドル安などと全面安になったため、株価指数の先物が前週末の夜間取引から先行安し、日経平均は353円安で始まったあとも下値を探った。四半期決算が好調だったソニー<6758>(東1)ホンダ<7267>(東1)は終始堅調だったが、東証1部とマザーズ市場は上場銘柄数の9割強が値下がりし、ほぼ全面安。日経平均も11時にかけて一時603円21銭安(2万2671円32銭)まで下押した。前引けも565円51銭安(2万2709円02銭)。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 中で、生化学工業<4548>(東1)は第3四半期の大幅増益などが好感されて戻り高値を更新し、帝国ホテル<9708>(東2)は朝方に下押したが切り返して高い。介護ベッドなどのプラッツ<7813>(東マ)も四半期決算が好感されて上げ、セプテーニ・ホールディングス<4293>(JQS)は四半期決算が連日好感されて続伸。

 東証1部の出来高概算はやや増加し10億98万株、売買代金も多目で1兆8463億円。1部上場2065銘柄のうち、値上がり銘柄数は73銘柄(4%)、値下がり銘柄数は1974銘柄(96%)となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 今日のマーケット