株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月07日

【株式市場】NYダウ急反発など受け日経平均は743円高まで上げ東証1部銘柄の96%が上げる

◆日経平均の前引けは2万2270円56銭(660円32銭高)、TOPIXは1797.15ポイント(53.74ポイント高)、出来高概算(東証1部)は10億3573万株

チャート2 7日(水)前場の東京株式市場は、前夜のNYダウが取引時間中に600ドル近く下げながら終値は567ドル高と急反発し、NY上場の日本株もソニー<6758>(東1)などが大幅高と伝えられたため、株価指数の先物が急伸。日経平均は391円高で始まった後一段高となり、9時50分にかけて743円63銭高(2万2353円87銭)まで急伸した。前引けも660円32銭高(2万2270円56銭)と値を保った。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も大幅高。
   
 第一三共<4568>(東1)が四半期業績の進ちょく度などに注目とされて早速高値を更新し、パシフィックネット<3021>(東2)は卓越した実績のサイバーセキュリティ製品の取り扱い開始などが好感されてストップ高。手間いらず<2477>(東マ)は業績好調の観測記事などが好感されて大幅反発。Eストアー<4304>(JQS)は横浜信用金庫とのビジネスマッチングなどが好感されて急反発。

 東証1部の出来高概算は6日に続き高水準で10億3573万株、売買代金も多めとなり1兆9773億円。1部上場2065銘柄のうち、値上がり銘柄数は1992銘柄(96%)、値下がり銘柄数は66銘柄となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット