IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月08日

Eストアーの今3月期第3四半期はマーケティング事業が続伸し、増収大幅増益で着地

■利益面の進捗率は通期計画を既に上回る

 Eストアー<4304>(JQS)は8日、18年3月期第3四半期の非連結業績を発表し、売上高が前年同期比6.8%増の38億15百万円、営業利益が同27.4%増の4億19百万円、経常利益が同38.1%増の4億46百万円、四半期純利益が同38.3%増の3億05百万円だった。

 戦略的にシフトさせてきたマーケティング事業の売上が計画を上回り続伸し、増収となった。利益面では、人材および販売促進への投資が、計画通りに進捗しなかったことにより、増益となった。

 事業別に見ると、マーケティング事業では、ページ制作や宣伝広告のアウトソーシングの受託受注額が増加し、売上高は8億41百万円(同49.0%増)と伸長した。

 販売システム事業のショップサーブでは、既に過当競争となっていることから、新規営業をECでのポテンシャルが見込める顧客店舗の獲得へシフトさせるとともに、機能面を拡充させてきた。店舗数は引き続き減少したが、受注単価増により、フロウ売上は15億40百万円(同4.2%増)となり、戦略通りとしている。

 18年3月期の業績予想は売上高が前期比4.5%増の49億90百万円、営業利益が同1.0%減の4億03百万円、経常利益が同1.1%減の3億97百万円、純利益が同3.8%減の2億74百万円としている。

 なお、通期計画に対する進捗率は売上高76.4%、営業利益103.9%、経常利益112.3%、純利益111.3%と利益面は既に計画超である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:26 | 決算発表記事情報