IRセミナー
2月19日(月)=Eストアー、サンウッド
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月08日

ソラストの18年3月期第3四半期は2桁増収増益で着地

■医療関連受託事業及び介護・保育事業が好調

 ソラスト<6197>(東1)は8日、18年3月期第3四半期連結業績を発表した。

 売上高は、医療関連受託事業及び介護・保育事業がともに好調に推移し、前年同期比11.6%増の543億45百万円だった。営業利益は、医療関連受託事業及び介護・保育事業の増益により同11.9%増の30億12百万円とし、さらに、営業利益率は、介護事業の利益率がM&Aなどに伴う一時費用のために低下したものの、医療関連受託事業の利益率が上昇したことにより5.5%となった。経常利益は同13.3%増の30億03百万円、四半期純利益は同10.2%増18億98百万円だった。

 各事業を見ると、医療関連受託事業では、生産性とクオリティーの改善のためのトレーニングを500名超のリーダー層を対象に毎月実施。また、処遇改善にも取り組むことで、モチベーションの向上や離職率の低下が図れている。売上高は同5.7%増の400億80百万円となった。営業利益は同14.7%増の40億80百万円だった。

 介護・保育事業では、17年10月末にベストケア、同年11月末に日本ケアリンクを子会社化したことで、介護事業の規模は一気に拡大した。保育事業は、一部の認証保育所を認可保育所に移行し園児数の増加を図っており、今後、売上高・営業利益ともに増加することを見込んでいる。売上高は同35.1%増の137億70百万円、営業利益は、M&Aの一時費用を吸収し、同3.5%増の7億24百万円となった。

 なお、17年12月末時点での介護事業所数は17年3月末比で115ヵ所増加し、361ヵ所。保育事業の施設数は17年12月末で14ヵ所となった。

 18年3月期の業績見通しは、売上高は前期比7.0%増の700億03百万円、営業利益は同10.3%増の40億32百万円、経常利益は同10.7%増の40億15百万円、純利益は同6.7%増の26億40百万円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:35 | 決算発表記事情報