株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月09日

アーバネットコーポレーションは第2四半期と株主優待制度の導入を発表

■自社開発物件の投資用ワンルームマンション・分譲マンション7棟295戸を売上計上

 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)は8日、第2四半期と株主優待制度の導入を発表した。

 第2四半期連結業績は、自社開発物件の投資用ワンルームマンション・分譲マンション7棟295戸を売上計上するとともに、買取再販物件2戸を売上計上したが、土地価格の上昇、建築コストの高止まり等により、利益率が低下している。

 今期18年6月期第2四半期連結業績は、売上高88億34百万円(前年同期比17.4%減)、営業利益12億18百万円(同30.8%減)、経常利益11億05百万円(同32.3%減)、純利益7億58百万円(同32.2%減)となった。

 通期連結業績予想については、当初予想を据え置いている。

 また、同日、株主が保有する株式数及び保有期間に応じて、株主優待ポイントを付与することも発表した。1ポイント1円に相当し、品物と交換できる。贈呈時期は、9月1日。

 例えば、1000株以上2000株未満の株主には、初年度3000ポイント、2年目3,500ポイント、3年以降3,500ポイント与えられる。2000株以上3000株未満の場合、初年度6,000ポイント、2年目7,000ポイント、3年目以降7,000ポイント。3000株以上4000株未満の場合、初年度9,000ポイント、2年目10,000ポイント、3年目以降11,000ポイント。4000株以上の場合、初年度15,000ポイント、2年目16,000ポイント、3年目以降19,000ポイントとなっている。

 対象となる株主は、10単元(1000株)以上を保有する株主としている。株主優待の申込みは、今後立上げ予定の同社株主限定の特設インターネットサイト「アーバネットコーポレーション・プレミアム優待倶楽部」に申し込み、登録する必要がある。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:45 | 決算発表記事情報