IRセミナー
2月19日(月)=Eストアー、サンウッド
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月12日

アルコニックスは第3四半期決算の発表と共に期末配当予想と今期2回目となる通期業績予想の上方修正を発表

■半導体製造装置関連をはじめ、国内外の製造子会社の業績が大きく貢献

 非鉄金属の総合企業であるアルコニックス<3036>(東1)は9日、第3四半期決算の発表と共に期末配当予想と今期2回目となる通期業績予想の上方修正を発表した。

 同社の第3四半期連結業績は、売上高1837億06百万円(前年同期比25.6%増)、営業利益54億82百万円(同86.2%増)、経常利益59億15百万円(同99.7%増)、純利益42億50百万円(同79.4%増)と大幅増収増益となった。

 第3四半期連結累計期間では、半導体製造装置関連をはじめ、国内外の製造子会社の業績が大きく貢献するとともに、商社流通分野でも銅・アルミ原料、伸銅品、アルミ圧延品、スマートフォン、タブレット端末向け電子材料の取扱いが伸び、新たに子会社化した富士プレスも業績に貢献した。


 全体において、当初予想を上回るペースで推移し、しかも、同社の主要取引先である神戸製鋼所グループの品質問題に対する同社グループの収益面への影響は現時点では限定的と見込まれることから、通期連結業績予想の2度目となる上方修正も同日発表した。

 今期18年3月期通期連結業績予想の売上高は前回予想を50億円上回る2430億円(前期比20.3%増)、営業利益は7億70百万円上回る70億円(同67.9%増)、経常利益は6億円上回る74億円(同70.0%増)、純利益は4億円上回る53億円(同71.9%増)と上方修正により大幅増益の見込みとなった。

 更に、期末配当についても前回予想の13円から19円に上方修正した。その結果、第2四半期末の13円と合わせると年間配当32円となる。前期は44円の配当であったが、17年9月1日に1対2の株式分割を実施している。もし、株式分割を行っていなかったとしたら、今期は年間配当64円であり、実質20円の増配といえる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:04 | 決算発表記事情報