IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月12日

ケンコーマヨネーズの第3四半期連結業績(10月から12月)は増収増益

■原料調達コストや生産効率の改善等が進む

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の第3四半期連結業績(10月から12月)は、増収増益となった。

 9日に発表された、今18年3月期第3四半期連結累計業績は、売上高558億85百万円(前年同期比2.8%増)、営業利益34億05百万円(同3.5%減)、経常利益34億44百万円(同3.2%減)、純利益23億93百万円(同5.1%減)と増収減益であった。

 ところが、11月9日に発表された第2四半期連結累計業績は、営業利益13.1%減、経常利益12.3%減、純利益11.9%減となっていた。第3四半期連結累計業績との減益幅を比較すると、縮小していることから分かるように、第3四半期(10月から12月)の連結業績は増益となっている。

 具体定期な数値は、今期第3四半期連結業績(10月から12月)は、売上高188億64百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益12億53百万円(同19.2%増)、経常利益12億60百万円(同17.9%増)、純利益9億04百万円(同8.8%増)と増収増益。

 今期第3四半期連結累計業績が増収ながら減益となっているのは、17年8月の北海道における台風被害により、馬鈴薯をはじめとした原料に起因するコスト上昇要因によるもの。しかし、17年秋に収穫された北海道産新芋の使用が始まり、原料調達コストや生産効率の改善等が進んできていることから、今期第3四半期(10月から12月)で増益となった。

 しかし、売上高については、前回予想を下回る見込みであることから、9日に売上高の下方修正を発表した。利益面は前回発表通りとしている。

 ちなみに、今期18年3月期通期連結業績予想の売上高は、前回予想を23億円下回る727億円(前期比2.7%増)に下方修正した。しかし、利益面については、前回発表通りの、営業利益40億80百万円(同2.3%増)、経常利益41億円(同2.1%増)、純利益28億70百万円(同0.1%増)を据え置いている。今期も最高益更新を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 決算発表記事情報