IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月12日

メディカル・データ・ビジョンは17年12月期通期連結業績予想の修正を発表

■売上高は前回予想を下回るものの、利益面では上回る見込み

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は9日、17年12月期通期連結業績予想の修正を発表した。

 売上高については、前回予想を下回るものの、利益面では製薬会社向に向けたアドホック調査サービスが準用に推移したことから前回予想を上回る見込みとなった。

 17年12月期通期連結業績予想の売上高は、前回予想を3億74百万円下回る32億25百万円(前期比22.5%増)、営業利益は26百万円上回る5億69百万円(同32.3%増)、経常利益は25百万円上回る5億65百万円(同36.1%増)、純利益は42百万円上回る3億54百万円(同98.9%増)増収大幅増益を見込む。

 売上高については、「CADA−BOX」の営業スケジュールの遅延により、前回予想を下回る見込みとなった。期中15病院の稼働計画に対して、稼働済3病院、稼働準備2病院の合計5病院の導入となった。

 現在は、「CADA―BOX」導入メリットに関するインタビュー動画の完成、全日本病院協会副会長も務める恵寿総合病院の神野正博理事長の「CADA―BOX」スペシャルアドバイザー就任など、決裁者を対象とした営業活動基盤が整い、「CADA―BOX」に対して高い興味をもつ数十病院への営業活動を再開している。

 データ利活用サービスは、プロモーションツールを活用した新規顧客の開拓や営業活動の効率化により、製薬会社や保険会社を対象としたアドホック調査サービスの受注件数が大きく伸張した。また、同社が保有するデータベースを活用した新たな事業である治験サービスの本格展開を見据え、2017年6月には治験会社であるコスメックスを子会社化するなど、次の拡大に向けた各種準備も順調に進捗している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:26 | IR企業情報