IRセミナー
2月19日(月)=Eストアー、サンウッド
2月27日(火)=ハウスドゥ、ソレイジア・ファーマ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月12日

フォーカスシステムズの第3四半期は情報システムに関する投資意欲は高いことから、増収大幅増益と好調に推移

■リーダー層の育成強化や受注判定の厳格化によりプロジェクトマネジメントを徹底

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)の第3四半期は、情報システムに関する投資意欲は高いことから、増収大幅増益と好調に推移した。

 今期18年3月期第3四半期連結業績は、売上高137億93百万円(前年同期比7.6%増)、営業利益6億61百万円(同54.9%増)、経常利益6億55百万円(同57.2%増)、純利益4億62百万円(同65.1%増)であった。

 第3四半期は、リーダー層の育成強化や受注判定の厳格化によりプロジェクトマネジメントを徹底することで、プロジェクトの売上、利益ともに増加した。また、さらに予見されるビジネスチャンスを確実なものとするため、企業力の向上に努めている。その一環として、人材確保・育成、既存3事業を活かした新製品・新サービスの開発、M&A及び資本・業務提携を目的とした資金調達のため、第三者割当による行使価格修正条項付きの新株予約権の発行を行った。

 この様な取り組みが奏功したことで、増収大幅増益と第3四半期好調に推移したことから、通期連結業績予想については前回予想を据え置いている。

 今期18年3月期通期連結業績予想は、売上高184億円(前期比3.1%増)、営業利益8億50百万円(前期比3.1%増)、経常利益8億20百万円(同12.1%増)、純利益5億20百万円(同5.7%減)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:50 | 決算発表記事情報