株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月13日

インフォコムは売られすぎ感、18年3月期3Q累計大幅増益で通期も大幅増収増益・増配予想

 インフォコム<4348>(JQ)はITサービスや電子コミック配信サービスを主力としてIoT領域の事業創出も積極推進している。18年3月期第3四半期累計は大幅増益だった。通期も大幅増収増益予想、そして大幅増配予想である。株価は戻り高値圏から急反落したが売られすぎ感を強めている。目先的な売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。

■ITサービス事業とネットビジネス事業を展開

 帝人<3401>グループで、ITサービス(医療機関・製薬企業・介護事業者向けヘルスケア事業、一般企業向けSIのエンタープライズ事業、ERPソフト「GRANDIT」や緊急連絡・安全確認サービスなどのサービスビジネス事業)、および一般消費者向けネットビジネス(子会社アムタスの電子コミック配信サービス、eコマース、女性向けや音楽系デジタルコンテンツの提供)を展開している。

 17年3月期のセグメント別売上高構成比はITサービス54%、ネットビジネス46%、営業利益構成比(連結調整前)はITサービス42%、ネットビジネス58%だった。収益面では、ITサービス事業は年度末にあたる第4四半期の構成比が高い特性がある。

■新中期経営計画で成長加速

 17年2月策定の新中期経営計画(18年3月期〜20年3月期)では、基本方針を「成長の追求」と「成長を支える経営基盤の継続強化」としている。

 成長の追求では電子コミックとヘルスケアを重点事業としてM&Aを積極推進し、AIやIoTを活用したビジネス展開も推進する。成長を支える経営基盤の継続強化では品質管理の継続強化とサービス品質向上、業務プロセス改革による効率化と社会との協業強化、人財育成強化を推進する。

 経営目標数値には、20年3月期売上高600億円〜800億円(SI・サービス160億円、ヘルスケア140億円、電子コミック300億円、およびM&A200億円)、EBITDA(営業利益+償却費)70億円〜100億円、重点事業(電子コミックとヘルスケア)比率70%、ROE10%以上、配当性向30%を掲げ、M&A戦略投資枠200億円を掲げている。

 電子コミック事業は最新IT技術による機能強化や、導線強化による会員数拡大を推進する。ヘルスケア事業は地域包括・介護領域の強化を推進する。

■18年3月期3Q累計は大幅増益

 1月30日発表した今期(18年3月期)第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比8.1%増の314億18百万円、営業利益が33.6%増の34億02百万円、経常利益が42.1%増の37億02百万円、純利益が98.8%増の33億51百万円だった。

 ITサービスのヘルスケア事業、ネットビジネスの電子コミック配信サービスが好調に推移して大幅増益だった。売上総利益率は47.3%で1.2ポイント上昇、販管費比率は36.4%で0.9ポイント低下した。特別利益では固定資産売却益11億38百万円を計上した。

 ITサービスは売上高が6.8%増の155億02百万円で営業利益が2.0倍の8億06百万円だった。ヘルスケア事業を中心に企業向けITサービスが好調に推移し、データセンター関連ビジネス撤退による減収分をカバーした。ネットビジネスは売上高が10.4%増の159億16百万円で営業利益が20.5%増の25億89百万円だった。電子コミック配信サービスが好調に推移した。

■18年3月期大幅増収増益・増配予想

 今期(18年3月期)の連結業績予想(10月26日に利益を増額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比10.1%増の460億円、営業利益が17.2%増の56億円、経常利益が19.5%増の58億円、純利益が38.0%増の45億円としている。配当予想(10月26日に増額修正)は13円増配の年間38円(第2四半期末10円、期末28円)としている。予想配当性向は23.1%となる。

 ITサービスはヘルスケア事業が好調に推移して、売上高が4.9%増の235億円、新規ビジネスへの先行投資負担を吸収して営業利益が5.5%増の21億円としている。ネットビジネスは電子コミック配信サービスが伸長して売上高が16.3%増の225億円、営業利益が25.0%増の35億円(期初計画比3億円増額)としている。電子コミック配信サービスの売上高目標は210億円としている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が68.3%、営業利益が60.8%、経常利益が63.8%、純利益が74.5%である。やや低水準の形だが、ITサービスは第4四半期の構成比が高い特性があるためネガティブ要因とはならない。通期ベースでも好業績が期待される。

■株主優待制度は毎年9月末に実施

 株主優待制度は毎年9月30日現在で1単元(100株)以上保有株主を対象として、連結子会社ドゥマンが運営する食品通信販売サイト「オーガニックサイバーストア」で利用可能なポイント(1ポイントを1円として利用)を保有株数と保有年数に応じて贈呈する。

■株価は売られすぎ感

 株価は戻り高値圏の2600円近辺から急反落し、地合い悪化も影響して2月6日の直近安値2090円まで調整した。ただし売られすぎ感を強めている。

 2月9日の終値2212円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS164円56銭で算出)は13〜14倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間38円で算出)は1.7%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS861円50銭で算出)は2.6倍近辺である。時価総額は約637億円である。

 日足チャートで見ると25日移動平均線に対するマイナス乖離率が10%を超えて売られすぎ感を強めている。目先的な売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析