IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月14日

メディカル・データ・ビジョンが活況高、連続最高益の見込みなど好感

■前回高値の頃よりも業績見通しが拡大し上値弾力性が強まったとの見方

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は14日、急伸商状となって出直りを強め、取引開始後に12%高の2400円(252円高)まで上げて出来高も増加している。医療ビッグデータ関連サービスの先駆者で、13日の取引き終了後に発表した2017年12月期の連結営業利益が前期比32%増加し、今期・18年12月期の見通しは41%の増加とするなど、最高益更新が続くため注目が再燃している。

 米国発の世界株安によって全体相場の調整が強まる前は2541円(18年1月)まで上げていた。この頃よりも業績見通しが拡大することになり、上値を指向する弾力性は強いとの見方が出ている。

 17年12月期は、製薬会社に向けたアドホック調査サービスが引き続き順調に推移したほか、医療機関向けITシステムも好調に推移した。今期は、引き続き医療ビッグデータ利活用サービスの拡大をはかるとともに、患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できるWEBサービス「カルテコ」と患者が自由に支払い条件を設定できる医療費後払いサービス「CADA決済」を電子カルテと連携させ活用する「CADA−BOX」(カーダ・ボックス)の普及体制を強化するなどの取り組みを推進する。今期の連結純利益の見通しは4.9億円(前期比38.7%の増加)、1株利益24円58銭。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース