株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月14日

【株式市場】日米貿易を巡る円高懸念などあり日経平均は値を保てず続落模様

◆日経平均の前引けは2万1109円29銭(135円39銭安)、TOPIXは1704.47ポイント(12.31ポイント安)、出来高概算(東証1部)は8億3138万株

チャート6 14日(水)前場の東京株式市場は、米国の来年度予算(2018年10月〜19年9月)が財政赤字の大幅拡大を容認するものになった上、トランプ大統領が貿易赤字問題について「日本は人殺し」と形容したと伝わり、ドル売り・円高を警戒する雰囲気があり、トヨタ自動車<7203>(東1)は取引開始後ほどなく軟調に転換するなど、主力株の上値の重さが目立った。日経平均は小高く始まったが、朝方の126円33銭高(2万1371円01銭)を上値にダレ模様に転じ、前引けは135円39銭安(2万1109円29銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 東海カーボン<5301>(東1)が大幅増益の四半期決算などを材料に活況高となり、メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は今期も2ケタ増収増益の連続最高更新などが好感されて活況高。アルファポリス<9467>(東マ)野村マイクロ・サイエンス<6254>(JQS)は通期業績見通しの増額などが好感されて急伸。

 東証1部の出来高概算は8億3138万株、売買代金は1兆5162億円。1部上場2065銘柄のうち、値上がり銘柄数は468銘柄、値下がり銘柄数は1537銘柄となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:02 | 今日のマーケット