IRセミナー
5/22(火)=LIFULL、レカム

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月15日

三陽商会が昨年来の高値に迫る、重衣料の銘柄が2月に高い年は行けるとの見方

■今期は3期ぶりに完全黒字化の見通しとし業績の変貌が注目される

 三陽商会<8011>(東1)は15日、3日続伸基調で始まり、取引開始後に2372円(117円高)まで上げて17年12月につけた昨年来の高値2390円に迫った。14日に発表した12月決算は赤字が大幅に縮小して業績改善を示し、今期・18年12月期は3期ぶりに完全黒字化の見通しとしたため、注目度は強いようだ。

 業績が変貌する銘柄は株価も大きく水準訂正することが少なくないとされている。また、重衣料のイメージの強い銘柄が2月に入って上げる点に注目する向きもあり、三陽商会の場合、2月に高いとその年は後々一段高に発展する傾向があるとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース