株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月15日

【株式市場】NYダウの大幅続伸など好感され好業績株が強く日経平均は一時366円高まで上げる

◆日経平均の前引けは2万1434円63銭(280円46銭高)、TOPIXは1722.17ポイント(19.45ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億5348万株

チャート13 15日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの大幅続伸253ドル高と円高の一服などが好感され、株価指数の先物が先行高し、日経平均は229円高で始まった後10時過ぎに366円66銭高(2万1520円83銭)まで上げた。自動車株や機械株などのほか、第一生命ホールディングス<8750>(東1)などの生損保株や大手銀行株も高く、四半期決算が好調だった日本郵政<6178>(東1)も高い。日経平均の前引けは280円46銭高(2万1434円63銭)。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 インフォマート<2492>(東1)が今期の大幅増益見通しなどを好材料に急伸し、メドピア<6095>(東マ)は第1四半期決算が好感されてストップ高。セルシード<7776>(JQG)は今12月期の完全黒字化見通しなどが好感されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は7億5348万株、売買代金は1兆3844億円。1部上場2065銘柄のうち、値上がり銘柄数は1645銘柄、値下がり銘柄数は370銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット