IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月16日

ズームの17年12月期は大幅増益、営業利益は48.2%増で着地

■前期配当を7円増額、今期も前期比5円増の45円に

 ズーム<6694>(JQS)は、17年12月期連結業績を増額修正して発表した。

 売上高は前回予想を2億81百万円上回る63億円(前期比5.6%増)、営業利益は98百万円上回る3億27百万円(同48.2%増)、経常利益は63百万円上回る3億62百万円(同77.0%増)、純利益は49百万円上回る2億88百万円(同61.0%増)だった。

 為替相場が予想より円安に推移したことにより、売上が増加するとともに売上総利益率が改善。予想では見込んでいなかった為替差損を26百万円計上したものの、売上高、営業利益、経常利益及び純利益のいずれも前回発表の業績予想数値を上回る結果となった。

 製品カテゴリー別に見ると、ハンディオーディオレコーダーは、既存機種のH4nPro及びH6の販売が堅調であったことで、売上高は32億70百万円(前期比4.4%増)となった。ハンディビデオレコーダーは、16年12月期から販売を開始したQ2nの販売台数が予想を上回り、売上高は6億76百万円(同102.9%増)となった。マルチエフェクターは、主力のG3nシリーズの販売が好調で、加えてアコースティックギター専用の新製品AC−2、AC−3の販売も堅調であったことから、全体として好調に推移し,売上高は10億64百万円(同22.8%増)となった。

 18年12月期の連結業績予想は、売上高が前期比16.1%増の73億13百万円、営業利益が15.1%増の3億77百万円、経常利益が19.5%増の4億33百万円、純利益が17.9%増の3億40百万円とし収益拡大が見込まれる。

 また、同時に、前期配当33円を7円増額して40円(前の期は20円)にし、今期も前期比5円増の45円に増配するとした。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:25 | 決算発表記事情報