株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月19日

Eストアーは後場堅調に転じ出直り強める、好業績銘柄を見直す動き

■米国発の世界株安の前の水準を早々と回復し相場の地合いは強いとの見方

 Eストアー<4304>(JQS)は19日、11時頃の1062円(11円安)を下値に切り返し、14時30分を過ぎては1082円(9円高)と出直りを強めている。ネット通販総合支援やECサイト構築などを行い、2月8日に発表した第3四半期決算(2017年4〜9月)は、売上げ高が前年同期比6.8%増加し、純利益は同38.3%増加するなど好調。全体相場が安定を取り戻すにつれ、好業績銘柄を見直す動きが強まるとの期待が出ている。

 今期・2018年3月期の業績見通しは、売上げ高を前期比4.5%増の49.9億円とし、純利益は同3.8%減の2.7億円とした。1株利益は53円前後になる。株価は、米国発の世界的な株価急落の前の水準を早々と回復しており、目先は1000円台での「大台固め」があっても相場の地合いは強いとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:05 | 株式投資ニュース