株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月19日

【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想

 パーソルホールディングス<2181>(東1)に注目したい。傘下にパーソルテンプスタッフ(旧テンプスタッフ)やパーソルキャリア(旧インテリジェンス)などを置く人材サービス大手である。18年3月期は増収増益・増配予想である。減損損失計上で純利益を減額したが、新規連結で売上高を増額した。株価は1月高値から反落したが、地合い悪化の影響が一巡して上値を試す展開が期待される。

■18年3月期増収増益・増配予想

 18年3月期の連結業績予想は、2月14日に売上高を550億円増額、純利益を35億33百万円減額した。売上高は豪州の人材サービス・メンテナンス事業大手PROGRAMED社の新規連結が寄与する。純利益はPERSOLKELLYセグメントにおける減損損失55億77百万円計上が影響する。営業利益と経常利益、および配当は据え置いた。

 修正後の連結業績予想は売上高が17年3月期比23.7%増の7323億円、営業利益が7.8%増の360億円、経常利益が6.9%増の365億円、そして純利益が4.8%増の186億67百万円とした。配当予想は1円増配の年間18円である。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比15.3%増の4950億85百万円、営業利益が2.4%増の258億99百万円、経常利益が1.5%増の261億04百万円だった。純利益は減損損失を計上して27.6%減の108億72百万円だった。旺盛な需要を背景に派遣・BPOセグメントが10.4%増収、リクルーティングセグメントが10.4%増収と順調に伸長した。PERSOLKELLYセグメントは2.2倍増収で営業赤字が縮小した。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が67.6%、営業利益が71.9%、経常利益が71.5%、純利益が58.2%である。やや低水準の形だが、第4四半期からPROGRAMEDセグメントが寄与する。通期ベースでも好業績が期待される。

■株価は地合い悪化の影響が一巡して上値試す

 株価は1月5日の上場来高値2930円から反落し、地合い悪化も影響したが、2月6日の直近安値2412円から切り返し、2月15日には戻り高値2760円まで上伸した。週足チャートで見ると26週移動平均線を素早く回復した。地合い悪化の影響が一巡して上値を試す展開が期待される。(MM)

0227.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:43 | 注目銘柄