IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月20日

【新規上場(IPO)銘柄】ジーニーは第3四半期概ね当初計画通り、下値確認からリバウンドへ

 ジーニー<6562>(東マ)は、昨年12月18日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社グループは、「世界的なテクノロジー企業を創る」という志のもと、2010年4月に設立。日本とアジアのインターネット広告業界において「RTB(Real Time Bidding)」という新しいテクノロジーを使った広告仲介のプラットフォームを提供している。RTBは、企業が適切なユーザーに適切なタイミングで広告を配信するためのテクノロジーで、RTBを元にしたインターネットメディア向け広告配信システム「GenieeSSP」は、創業6年で国内No.1規模のマーケットシェアを獲得している。

 同社グループは、現在、同社、Geniee International Pte., Ltd.(シンガポール)、Geniee Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)、PT. Geniee Technology Indonesia(インドネシア)、PT. Adstars Media Pariwara(インドネシア)、Geniee Adtechnology (Thailand) Co., Ltd.(タイ)等、 国内と東南アジア地域において事業を展開している。1秒間に数十万リクエスト、1日15テラbyteという国内屈指のデータ量を扱っており、高い技術力を背景に、世界レベルの広告配信システムを実現している。

 2月13日大引け後に発表した今2018年3月期第3四半期業績実績は、売上高100億7300万円、 営業利益3億6900万円、経常利益3億2800万円、最終損益7300万円の赤字に着地。概ね当初計画どおりに推移している。アド・プラットフォーム事業では、GenieeSSPにて、アドフラウド対応による影響等のマイナス要因があったものの、大型案件の受注やOEM案件の増加等により継続拡大しているほか、GenieeDSPも、積極的な新規開拓により規模が拡大している。マーケティングオートメーション事業では、MAJINで、新たな独自機能の開発や他社連携による機能追加を実施、新規開拓やイベント出展、セミナー開催により、累計アカウント数は650社超と順調に伸びている。

 今18年3月期業績予想は、売上高147億3100万円(前期比25.6%増)、営業利益5億4800万円(同2.1倍)、経常利益5億2200万円(同2.7倍)、最終損益4700万円の黒字(同1400万円の赤字)を見込む。上場で得た資金は新製品の開発や人材確保に投じる計画で、年間配当予想は、無配を予定としている。

 株価は、昨年12月18日の上場初日に公開価格1350円を98.1%上回る2674円で初値をつけ、翌19日高値2970円と買われた後、2月14日安値1372円まで調整を挟んで同19日高値1659円と出直りつつある。第3四半期決算好調で、No.1シェアのGenieeSSPのユーザーデータと顧客資産を活用、最先端のテクノロジーを活用した新規事業や新たな地域に参入を続け、継続的な高成長を実現。「アジアNo.1」を目指すことへの期待感が再度高まっている。公開価格に接近し、下値を確認しており、目先25日移動平均線を突破出来るか注目されそうだ。(株式評論家・信濃川)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:21 | 新規上場(IPO)銘柄