株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月20日

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性

 FCM<5758>(JQ)は、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。18年3月期は増額して大幅増収増益・増配予想である。第3四半期累計が高進捗であり、通期予想に再増額の可能性がありそうだ。株価は昨年来高値圏から地合い悪化で反落したが切り返しの動きを強めている。

■電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキが主力

 高度な表面処理技術(メッキ加工、回路形成など)をベースに、電線用芯線の加工や電子部品の金属メッキを主力としている。古河電気工業<5801>の連結子会社である。

■18年3月期増額して大幅増収増益・増配予想、さらに再増額の可能性

 18年3月期の非連結業績予想(12月15日に増額修正)は、売上高が17年3月期比20.6%増の228億円、営業利益が71.0%増の4億90百万円、経常利益が75.2%増の4億90百万円、純利益が76.9%増の3億15百万円としている。配当予想(12月15日に期末21円増額修正)は24円増配の年間56円(期末一括)としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比28.5%増の174億82百万円、営業利益が2.6倍の4億54百万円、経常利益が2.7倍の4億54百万円、純利益が2.7倍の3億02百万円だった。電子機能材事業が16.3%増収、電気機能線材事業が34.9%増収と大幅伸長し、生産方法改善や設備稼働率上昇も寄与して大幅増益だった。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が76.7%、営業利益が92.7%、経常利益が92.7%、純利益が95.9%と高水準である。通期予想に再増額の可能性がありそうだ。

■株価は昨年来高値圏で堅調

 株価は昨年来高値圏で堅調だ。地合い悪化の影響で4000円近辺から一旦反落したが、素早く切り返しの動きを強めている。

 2月19日の終値は3605円、今期予想PERは19〜20倍近辺、時価総額は約61億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなりそうだ。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:37 | 業績でみる株価