IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月26日

【どう見るこの相場】米国株に追随して戻り試す展開を期待だが、為替動向が焦点

 今週2月26日〜3月2日の株式市場は、引き続き米国株や為替の動きを睨みながらの展開だ。反発力の強い米国株に追随して戻りを試す展開が期待されるが、為替動向が焦点だろう。1ドル=106円前後のドル安・円高水準で推移すれば、戻りの鈍い展開となる可能性もあるだろう。

■米国株に追随して戻り試す展開期待

 前週(2月19日〜23日)の日経平均株価は、週間終値ベースで172円53銭(0.79%)上昇となった。落ち着きを取り戻した形だが、NYダウ30種平均株価が2万5000ドル台を回復したのに比べて反発力は鈍い。為替が1ドル=106円前後のドル安・円高水準で推移したため、企業収益への悪影響が警戒されている。

 今週(2月26日〜3月2日)は、引き続き米国株や為替の動きを睨みながらの展開で、NYダウ30種平均株価が前週末23日に終値ベースで347ドル高と大幅続伸したことを好感して、日経平均株価も堅調なスタートとなりそうだ。

 その後も、反発力の強い米国株に追随して戻りを試す展開が期待されるが、やはり為替動向が焦点となりそうだ。米長期金利上昇にもかかわらずドル安・円高水準だ。今週も1ドル=106円前後のドル安・円高水準で推移すれば、19年3月期の企業業績への期待感が後退して、戻りの鈍い展開となる可能性もあるだろう。

■3月期末に向けて内需・サービス系の好業績銘柄に注目

 日経平均株価が戻りを試す展開になれば主力大型株主導の流れだが、為替を警戒して戻りの鈍い展開となれば好業績の中小型株に対する物色が強まりそうだ。3月期末の配当・株主優待権利取りに向けて、特に内需・サービス系の好業績銘柄に注目したい。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:57 | どう見るこの相場