株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月26日

【注目銘柄】エンバイオ・ホールディングスは自律調整一巡して上値試す、18年3月期3Q累計高進捗で通期予想は増額の可能性

 エンバイオ・ホールディングス<6092>(東マ)に注目したい。土壌汚染の調査・対策工事・コンサルティングを主力として、土壌汚染浄化工事後に再販・賃貸するブラウンフィールド活用事業、太陽光発電やバイオマス発電の自然エネルギー事業も展開している。18年3月期第3四半期累計が高進捗で、通期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は1月の上場来高値から反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。

■18年3月期3Q累計高進捗で通期予想は増額の可能性

 18年3月期連結業績予想は、売上高が17年3月期比41.2%増の75億48百万円、営業利益が2.6倍の6億72百万円、経常利益が5.4倍の5億55百万円、純利益が14倍の3億79百万円としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比2.2倍の58億16百万円、営業利益が8.2倍の6億35百万円、経常利益が5億42百万円(前年同期は42百万円の赤字)、純利益が3億33百万円(同43百万円の赤字)だった。

 主力の土壌汚染対策事業が95.6%増収、土壌汚染浄化工事後に再販・賃貸するブラウンフィールド活用事業が3.7倍増収、自然エネルギー事業が78.8%増収と好調だった。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が77.1%、営業利益が94.5%、経常利益が97.7%、純利益が87.9%である。全セグメントが好調に推移して通期会社予想は増額の可能性が高いだろう。

■株価は自律調整一巡して上値試す

 株価は1月22日に14年IPO時の高値2581円を突破して2730円まで上伸した。その後一旦反落したが2000円近辺から切り返している。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。(MM)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:59 | 注目銘柄