IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年02月28日

【株式市場】米金利上昇など受け日経平均は時間とともに下げ幅を広げ4日ぶりに反落

◆日経平均の終値は2万2068円24銭(321円62銭安)、TOPIXは1768.24ポイント(22.10ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億4229万株

 28日後場の東京株式市場は、中国の2月PMI(製造業購買担当者景気指数)がさえず、米国の夜間取引で株価指数の先物が下げているとされ、日経平均は前引け値(80円81銭安の2万2309円05銭)を100円近く下回ってスタートした。ソニー<6758>(東1)は大引け間際まで高かったが上値を追えず、日経平均は時間とともに下げ幅を広げて大引けにかけて321円62銭安(2万2068円24銭)まで下げ、そのまま安値引けとなり4日ぶりに反落した。一方、東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均はそろって高い。

 後場は、ワイヤレスゲート<9419>(東1)が「5G」(第5世代移動通信システム)関連株との位置づけで一段ジリ高となり、サイバーコム<3852>(東1)はストップ高。アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は教科書のデジタル化関連株とされて再び急伸。CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)はゲームソフトの中でも低価格販売が多いダウンロード専売タイトル向けにミドルウェアを導入しやすい新料金プランを開始したとの発表などが材料視されて後場一段高。ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>(JQS)は株式8分割と業績見通しの増額などが好感されてストップ高。

 28日、新規上場となったジェイテックコーポレーション<3446>(東マ・売買単位100株)は後場も買い気配のまま初値がつかず、大引けは気配値で上げる場合の本日上限価格の5180円の買い気配(公開価格2250円の2.3倍)。

 東証1部の出来高概算は15億4229万株(前引けは6億3899万株)、売買代金は2兆9369億円(同1兆1658億円)。1部上場2067銘柄のうち、値上がり銘柄数は679(同1186銘柄)、値下がり銘柄数は1326(同780)銘柄。

 また、東証33業種別指数は2業種(前引けは10業種)が値上がりし、値上がりした業種は、精密機器、空運、のみだった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:44 | 今日のマーケット