株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月02日

巴工業の今期第1四半期は2ケタ増収大幅増益

■香港拠点による樹脂販売と深圳コンパウンド事業が伸長

 巴工業<6309>(東1)の今期第1四半期は2ケタ増収大幅増益となった。

 売上高に関しては、機械製造販売事業では、国内官需向け部品・修理および国内民需向け機械、装置・工事の販売が伸長した。また、海外向け機械、装置・工事の販売も堅調であったことから、15億96百万円(前年同期比31.0%増)と好調であった。
 一方の、化学工業製品販売事業も電子材料分野、工業材料分野、化成品分野の売上が伸びたことに加え、香港拠点による樹脂販売と深圳コンパウンド事業が伸長したことから、79億21百万円(同9.0%増)となった。

 利益面については、機械製造事業では増収効果により、営業利益△94百万円(前年同期△3億10百万円)と赤字幅が大幅に縮小した。
 化学工業製品販売事業では、比較的収益性の高い障がいの売上が伸びたことに加え、香港拠点と深圳コンパウンド事業の増収効果により営業利益4億67百万円(前年同期比20.4%増)となった。

 その結果、第1四半期連結業績は、売上高95億17百万円(同12.1%増)、営業利益3億73百万円(同378.7%増)、経常利益3億74百万円(同533.6%増)、純利益2億52百万円(前年同期△01百万円)となった。

 第1四半期から大幅増益となるなど、前期とは全くの逆パターンの幸先の良いスタートとなっている。

 しかし、今期18年10月期通期連結業績予想は、売上高428億円(前期比4.2%増)、営業利益21億円(同4.5%減)、経常利益21億円(同5.4%減)、純利益14億30百万円(同4.9%減)と増収ながら、減益を見込んでいる。

 第1四半期で、大幅増益となったことから、今後の株価の動向が注目される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | 決算発表記事情報