株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月06日

フォーカスシステムズは今18年3月期通期業績予想と配当の上方修正を発表

■受注が好調であることから、前回発表予想を上回る見込み

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は5日、今18年3月期通期業績予想と配当の上方修正を発表した。

 売上高については、受注が好調であることから、前回発表予想を上回る見込みとなった。
 また、利益面については、増収効果に加え、主に公共関連事業のプロジェクト管理と生産性向上対策が奏功したことと、情報セキュリティ機器関連事業における官公庁向けのサイバーセキュリティ製品の大型受注、トレーニング受講者の増加等により、上方修正することとなった。

 その結果、今期売上高は、前回予想を8億円上回る192億円(前期比7.6%増)、営業利益は1億60百万円上回る10億10百万円(同35.9%増)、経常利益は1億80百万円上回る10億円(同36.8%増)、純利益は1億50百万円上回る6億70百万円(同21.6%増)と上方修正により、増収大幅増益となる見込み。

 配当については、好業績が見込めることから、期末配当を当初の12円50銭から16円に上方修正した。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:20 | IR企業情報