IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月12日

【株式市場】NYダウの急伸などを受け日経平均は一時501円高まで上げるが国会を気にする様子あり伸び悩む

◆日経平均の終値は2万1837円46銭(368円26銭高)、TOPIXは1740.03ポイント(24.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億3185万株

チャート13 12日(月)前場の東京株式市場は、NYダウが前週末に440ドル高とと急伸し、NASDAQ指数は1月26日以来の最高値更新となったことなどが好感され、株価指数の先物が夜間取引で先行高したため、日経平均も先物にサヤ寄せする形で356円高で始まり、9時30分にかけて501円96銭高(2万1971円16銭)まで一段高となった。その後は、国会の動向を気にする様子があるとされて先物に上げ一服感がみられ、選挙関連株のイムラ封筒<3955>(東2)が11時頃に一時急伸。日経平均の前引けは368円26銭高(2万1837円46銭)となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も高いが、マザーズ指数は小安い。

 東京都競馬<9672>(東1)が岩井コスモ証券による投資判断開始(目標株価4200円)と伝わり活況高。パシフィックネット<3021>(東2)は今5月期の業績への期待再燃などとされて再び出直りを強め、バリューゴルフ<3931>(東マ)は連続大幅増益の見通しなどへの注目再燃とされて出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は6億3185万株。売買代金は1兆1856億円。1部上場2069銘柄のうち、値上がり銘柄数は1681銘柄、値下がり銘柄数は321銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、ゴム製品、機械、ガラス・土石、鉱業、金属製品、非鉄金属、輸送用機器、その他金融、卸売り、証券・商品先物、、銀行、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:32 | 今日のマーケット