IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月13日

京写は18年3月期減益予想だが19年3月期収益拡大期待、4月1日付で単元株式数を100株に変更

 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。LED照明関連市場が拡大基調であり、新規取引先からの受注も増加している。18年3月期は原材料価格高騰の影響で減益予想だが、19年3月期は収益拡大が期待される。株価は戻り高値圏から急反落したが、売り一巡して反発が期待される。なお18年4月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。

■プリント配線板の大手メーカー、LED照明関連市場が拡大

 プリント配線板の大手メーカーである。世界最大の生産能力を誇る片面プリント配線板、および両面プリント配線板を柱として、実装治具関連事業も展開している。プリント配線板は防塵対策基板、高熱伝導・放熱基板、ファイン回路片面基板などに技術的な強みを持ち、生産は国内、中国、インドネシアに拠点展開している。

 17年3月期の製品別売上高構成比は片面板41%、両面板45%、その他(実装治具関連)13%、製品用途別売上高構成比は自動車関連36%、家電製品23%、事務器11%、映像関連9%、アミューズメント関連3%、その他18%だった。

 幅広い用途と顧客層(国内1000口座、海外300口座)を獲得し、LED照明関連市場の拡大も背景として、製品サイクルの長い自動車関連や家電関連を強化している。収益面では自動車や家電などの生産動向の影響を受けやすいが、LED照明関連市場の拡大が追い風である。新製品では車載ヘッドランプ向けの開発が完了し、受注が相次いで決定しているようだ。

 中期経営計画では、目標数値に21年3月期売上高280億円(片面配線板105億円、両面配線板145億円、治具20億円、実装10億円)、営業利益17億円(営業利益率6.0%)を掲げている。株主還元は配当性向20%を目標とする。車載ヘッドランプ向け新製品など高付加価値製品の拡販、フイルム基板など新製品の開発も推進する。

 なお3月6日には、一般社団法人日本電子回路工業会(JPCA)主催の第1回JPCAものづくり大賞において、京都工場が大賞を受賞したと発表している。全員参加での組織的な改善活動「ダントツ生産KAIZEN」が評価された。

■18年3月期減益予想だが、19年3月期収益拡大期待

 18年3月期連結業績予想(1月31日に利益を減額修正)は、売上高が17年3月期比8.3%増の210億円、営業利益が20.1%減の5億60百万円、経常利益が15.3%減の6億円、純利益が27.9%減の4億円としている。主材料の銅張積層板などの調達コスト上昇で減益予想である。ただし売上高は国内・海外とも好調に推移して増収基調である。配当予想は据え置いて前期と同額の年間8円(期末一括)としている。予想配当性向は28.7%となる。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比10.8%増の158億79百万円、営業利益が9.4%減の4億49百万円、経常利益が7.3%減の4億76百万円、純利益が17.1%減の3億15百万円だった。

 利益面では主原料の銅張積層板などの調達コスト上昇や、増産対応に伴う外注費の増加などが影響した。ただし売上面では、国内のプリント配線板事業は自動車関連や液晶テレビ関連、実装関連事業はスマートグリッド関連や自動車関連、海外は中国やインドネシアにおけるLED照明関連が好調に推移して2桁増収だった。売上総利益率は17.9%で0.6ポイント低下、販管費比率は15.0%で0.1ポイント低下した。営業外では為替差益が増加した。

 18年3月期は減益予想となったが、LED照明関連市場の拡大や新規顧客の獲得で増収基調に変化はない。19年3月期は材料費上昇に対応した販売価格への転嫁が進展し、海外法人設立に係る一時的費用も一巡して収益拡大が期待される。

■株価は売り一巡して反発期待

 株価は1月の戻り高値圏650円近辺から急反落し、2月6日の直近安値442円まで水準を切り下げた。その後は460円〜490円近辺で推移して売り一巡感を強めている。

 3月12日の終値482円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS27円91銭で算出)は17〜18倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間8円で算出)は1.7%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS446円91銭で算出)は1.1倍近辺である。時価総額は約70億円である。

 週足チャートで見ると安値圏で下ヒゲを付けて売り一巡感を強めている。反発が期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:26 | アナリスト水田雅展の銘柄分析