IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年03月13日

ビューティガレージの4月期第3四半期は物販事業が好調推移し、純利益46.4%増に

■リピート顧客が増加基調

 ビューティガレージ<3180>(東1)は12日、2018年4月期第3四半期連結業績を発表した。

 売上高は前年同期比21.7%増の82億72百万円、営業利益は同2.0%増の3億64百万円、経常利益は同9.6%増の3億71百万円、四半期純利益は同46.4%増の2億85百万円だった。

 事業別に見ると、物販事業では、累計登録会員総数は33万6549口座(前年同期比10.1%増)、アクティブユーザー数は9万6626口座(同9.8%増)、ロイヤルユーザー数は2万3435口座(同26.8%増)となり、リピート顧客の増加が顕著となった。「BEAUTY GARAGE Online Shop」経由の売上高は、物販事業売上高の約7割を占めており、特に、スマホ専用ECサイトやスマホ発注アプリ「BGスマート発注」経由による受注が増加し、EC経由の売上高は同25.1%増と伸長した。 売上高は63億40百万円(同20.2%増)、営業利益は4億95百万円(同16.6%増)となった。

 店舗設計事業では、ビューティガレージグループとしての連携強化と積極的な営業活動を行い、チェーン店本部からの受注や 大型店舗からの受注が増加し、売上高は17億61百万円(同32.1%増)、営業利益は1億6百万円(同71.0%増)となった。

 2018年4月期の見通しは、前回予想を据え置き、売上高が前期比14.9%増の110億76百万円、営業利益は同8.0%増の6億円、経常利益は同12.3%増の6億円、純利益は同23.9%増の3億89百万円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:58 | 決算発表記事情報