IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月04日

クリーク・アンド・リバー社は好業績報道や総代理店契約が好感され活況高

■営業利益など3年連続で過去最高を更新する見通しと伝わる

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は4日の後場も戻り高値を更新したまま出来高も増加し、14時にかけては7%高の1133円(75円高)前後で推移している。3日付で、デジタルアニメーションソフトウェアなどのCACANi Private Ltd.(シンガポール、創設者:サー・ホック・スーン、以下カカーニ社)との総代理店契約を発表し、期待が広がった。

 また、4日は、「2019年2月期の連結営業利益が20億円程度と、前期推定比1割程度増えそうだ。3年連続で過去最高を更新する」(日本経済新聞4月4日付朝刊)と伝えられ、好業績が改めて注目されている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース